旅で重宝されるハイヤー

旅で重宝されるハイヤー ハイヤーとはエグゼクティブ層を中心に様々な用途で利用できる輸送機関です。単なる移動手段としてだけではなく、上質なシートや高い付加価値をもった空間、快適さなどクオリテイの高いサービスを提供しています。車種はスタンダードなセダンなどが一般的ですが、ハイグレードな車種もシーンに応じて利用することができます。ゲストが大人数になる場合や荷物が多い場合にはワゴンタイプも取り扱っているところがあるので、人数や使用用途に応じて車種を選ぶことが可能です。また環境対策のひとつとしてハイブリッドカーを導入しているところもあります。

ハイヤーが利用されるシチュエーションとしては役員の送迎、海外VIPの空港への送迎などがありますが、他にもゴルフ送迎や法事、結婚式の移動手段としても使われることが多くなっています。要望をすれば空港出口でネームボードを提示してドライバーが待っていてくれるので、探す手間が省けスムーズなピックアップをしてもらうことが可能です。希望に応じて合流後クライアントに電話で報告をしてくれるサービスを提供しているところもあります。英語などの外国語対応をしているところも多く、業務に応じて適切な語学レベルのドライバーの手配をしてもらえるので海外のお客様のおもてなしも安心です。フライトの遅延や渋滞などに関しても状況に応じて柔軟に対応がしてもらえることが魅力です。

多忙な役員やVIPの方には車両とドライバーを固定して専用の移動手段にすることもできます。料金は利用頻度や利用走行区間、車種や運転手などにより異なりますので見積もりが必要です。ハイヤーを専属の移動手段にすることによりその都度手配をせずに済み、いつも同じドライバーなので安心してお任せができるメリットがあります。さらにスケジュール管理がしっかりしているので、時間を効率的に使うことができます。契約前に面接をすることが可能な会社もあるので、希望に沿うドライバーを見つけることができるでしょう。運転中に知り得た情報やクライアントの個人情報の漏洩を防ぐため、徹底した守秘義務の教育も行われています。

ちなみにタクシーとハイヤーではどのような違いがあるのでしょうか。タクシーは主に街中や駅で手を挙げ乗車意思を示し利用することが一般的です。事前に時間などがわかっていれば予約を入れることも可能ですが、通常は流し営業をしています。家族の移動手段や社員の深夜早朝における通勤手段、親しい間柄の送迎などで利用されています。一方ハイヤーは完全予約制なので街中などですぐ利用ができるものではありません。格式が重んじられる場面や大切なお客様の送迎などで利用されます。ハイヤーが利用される理由は、官公庁や一部の企業では事前に配車情報を提供しなければ入れないケースもあるからです。そのため官公庁への訪問にはスムーズに手続きが完了するメリットからハイヤーを利用する場面が多々あります。料金もタクシーは乗車している区間が請求対象ですが、ハイヤーは出庫から車庫に戻るまでが請求対象です。距離や時間、頻度などにより割引が適用される場合があるので、確認をしてみるといいでしょう。

他にも自家用ドライバーが欠勤してしまった、送迎車両が故障してしまったときにも対応をしてもらうことが可能です。当日でも車両とドライバーが空いていれば運行のできる場合があります。通勤に困っている役員がいたり、社有車の管理が煩わしいなどの相談にものってもらえます。そして記念日やお祝いのサプライズの演出としてお迎えにも利用ができるなど活用方法は無限大です。タクシーとは違い様々な付加価値があるハイヤーを、大切なお客様の移動手段として、ワンランク上のおもてなしに利用してみてはいかがでしょうか。

最新ニュース